1. HOME
  2. 2020・21年考察
  3. 2020年ベーシックインカム法案
  4. ベーシックインカム「生活基礎年金法(略称)」私案:第6章 その他 /付則(2020/9/14)
2020年ベーシックインカム法案

ベーシックインカム「生活基礎年金法(略称)」私案:第6章 その他 /付則(2020/9/14)

「日本国民の基本的人権に基づく生活保障のための生活基礎年金給付に関する法律」私案シリーズ-9

 ベーシックインカム制を導入する場合、法制化が必要であり、その叩き台として標記法律名で、私案作成を以下のように進めてきています。
◆ 前文その1-本法制定の背景(1)
◆ 前文その1-本法制定の背景(2)
◆ 前文その2-本法の構成
第1章 総則
第2章 給付金区分および給付金統括管理
第3章 給付金給付及び利用管理
第4章 給付金の財政管理
第5章 社会保障制度体系等との関係

 今回は、<第6章 その他> および <付則> です。

「日本国民の基本的人権に基づく生活保障のための生活基礎年金給付に関する法律」(略称「生活基礎年金法」、別称「ベーシックインカム法」)

第6章 その他

第35条 罰則
(罰則)
第35条
 本法に違反して、故意に、給付金を悪用、送金、情報加工、処分等を行なった場合、規定する罰則規定により、重罪を科します。
2.但し、軽微な過失等による場合は、その責を軽減します。

第36条 特例規定
(特例規定)
第36条
 本法の運用を進める中で、特定の事案・事項について、特例を規定すべきと認められた場合、特例規定法令を規定し、運用管理することがあります。
2.この場合、当該規定の制定・施行については、付則に加えることとします。

第37条 本法関連法令
(本法関連法令)
第37条 
本法に規定する各条項について、必要に応じ、法令・細則・準則などを定め、これに従い運用・管理します。

第38条 本法規定外関連事項の取り扱い
(本法規定外関連事項の取り扱い)
第38条
 本法に関連する事項で、本法に規定していない事項については、本法の基本方針に準拠するとともに、援用できる既存法律または、必要に応じて規定する法律に拠ることとします。

(※ 以上、2020年9月14日第1次案)


付 則

1.本法施行日
1.本法は、2025年4月1日に発効し、同日より施行します。  

2.本法施行計画及び日程
2.前項1.の施行に関して、導入の内容・方法・日程等詳細については、別に策定し、内閣総理大臣の承認を得た「生活基礎年金法施行・導入計画」に従うこととします。

(※ 以上、2020年9月14日第1次案)

 以上が、第6章 その他 <付則> です。
 次回からは、本法各章・各条についての解説及び補足説明を行います。

<参考>:当サイトにおけるこれまでのベーシックインカム私論集

(参考):<BI導入シアン>シリーズ

1.所得がある個人を別人格とみなす社会経済システム(2020/6/27)
2.現状の年金生活者もベーシック・インカム受給者のようなもの(2020/6/29)
3.中国がベーシック・インカム制を導入したら(2020/6/30)
4.公務員の給料の一部は、ベーシック・インカム性を持つ(2020/7/1)
5.働く人の格差是正と安心を目的としたベーシック・インカム(2020/7/2)
6.不測の事態に備え、機能するベーシック・インカム(2020/7/3)
7.夢のある人、夢の実現をめざす人のためのベーシック・インカム(2020/7/4)
8.高額納税者も当然の権利として受け取るベーシック・インカム(2020/7/5)
9.ベーシック・インカム制導入で国民年金制度は廃止へ(2020/7/14)
10.所得税を主財源とするベーシック・インカム制で所得税法改正へ(2020/7/15)
11.週刊エコノミスト「ベーシック・インカム入門」で終わらせないために(2020/7/16)
12.ベーシック・インカム制と同時に改革・導入する社会保障保険制度(2020/7/17)
13.ベーシック・インカム制導入に伴う厚生年金保険制度改革(2020/7/19)
14.ベーシックインカムは独自の電子通貨で支給・管理を(2020/7/20)
15.ベーシックインカムとは最低所得保障か(2020/8/3)
16.ベーシックインカムの適正額はいくらか(2020/8/4)
17.ベーシックインカム制は、大家族化・多子家族化を招くか(2020/8/5)
18.ベーシックインカム導入で予想される社会構造の変化(2020/8/6)
19.日本在住移民・外国人へのベーシックインカムをどうするか(2020/8/7)
20.ベーシックインカム導入で行なうべき雇用保険改革(2020/8/19)
21.MMT論から考えるベーシックインカム制(2020/8/20)
22.同床異夢のベーシックインカム論から共通性を見出す(2020/8/29)
23.社会保障制度の根幹として、日本独自のベーシックインカム制構築へ(2020/8/30)

(参考):2050 SOCIETY ベーシック・インカム論ラインアップ

◆ 憲法で規定された生存権と「社会保障」:全世代を対象とする社会保障システム改革-1(2020/3/7)
◆ ○○手当は○○年金!?:全世代が年金受給機会を持つ社会保障システム改革-2(2020/3/8)
◆ 所得者全員が年金保険料を!:国民年金の厚生年金統合による社会保障システム改革-3(2020//3/9)
◆ ベーシック・インカム制の導入を!(2020/4/19)
◆ ベーシック・インカム生活基礎年金の年間総額、216兆円(2020/4/20)
◆ 社会保障保険制度試論(2020/4/21)
◆ ベーシック・インカム生活基礎年金はポイント制で(2020/4/29)
◆ ベーシック・インカム「生活基礎年金制度」続考(2020/4/30)
◆ ヘリコプターマネーではなく、ファンダメンタルマネー:全国民受給のベーシック・インカム制へ(2020/5/8)
◆ 母子家庭の貧困、子育て世帯の不安、結婚し子どもを持ちたい人たち、すべてに機能するベーシック・インカム制の議論・検討を(2020/5/20)
◆ ベーシック・インカムとは-1:歴史から学ぶベーシック・インカム(2020/6/2)
◆ 全国民が持つ、近未来のマイナンバーカード:ベーシック・インカムカードとして(2020/6/5)
◆ ベーシック・インカムとは-2:リフレ派原田泰・前日銀政策委員会審議員から学ぶベーシック・インカム(2020/6/6)
◆ ベーシック・インカムとは-3:AIによる脱労働社会論から学ぶベーシック・インカム(2020/6/15)
◆ ベーシック・インカム制度私案メモ:

-----------------------------

本稿は、WEBサイト https://2050society.com 2020年9月14日投稿記事 2050society.com/?p=5486 を転載したものです。

当ベーシックインカム、ベーシック・ペンション専用サイト http://basicpension.jp は2021年1月1日に開設しました。
しかし、2020年から上記WEBサイトで、ベーシックインカムに関する考察と記事投稿を行っていました。
そこで、同年中のベーシックインカム及び同年12月から用い始めたベーシック・ペンションに関するすべての記事を、当サイトに、実際の投稿日扱いで、2023年3月から転載作業を開始。
数日間かけて、不要部分の削除を含め一部修正を加えて、転載と公開を行うこととしました。
なお、現記事中には相当数の画像を挿入していますが、当転載記事では、必要な資料画像のみそのまま活用し、他は削除しています。
原記事は、上記リンクから確認頂けます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。